お世話になった方への引越し前挨拶

引越する時に、まわりのお世話になった方に挨拶を忘れてしまうと後悔してしまうので、計画的に挨拶を済ますように
した方が良いです。
引越しする日取りが決まったら、当日や直前に挨拶しようとせずに、1週間前位にはキチンと済ませておく方がいいです。
引越し準備でバタバタとしている間に時間が過ぎていき、結局当日になっても時間が取り難く余裕が無くなってしまう事が
ありますし、当日に挨拶に行こうと思っても、挨拶したい相手に用事があったり留守だと困ります。
ですから時間的余裕を持って対応出来るように、事前に済ませるべき事は済ませておきましょう。

忙しい時の引越し方法

プライベートも仕事も忙しかった時期に、引越しをしなければならなくなったことがあります。当時、同棲をしていたのですが、別れてしまったので、一緒に住む訳にはいかなくなったのです。
しかし、新居を見つけるのが精一杯なくらい時間がありませんでした。忙しかった一番の原因は、仕事です。毎日、朝も早めに行っているのに、帰りは終電に滑り込むというような生活でした。休みの日は、ゆっくり休みたかったので、引越し準備もできそうにありませんでした。
そこで、当日、梱包から引越しをしてくれる業者に頼んだのです。普通の引越しと比べると、何倍も費用がかかりました。しかし、すごく気が楽だったので、これもひとつの手かなと思いました。今後も、忙しくなくても頼もうと思っています。

引越しの荷物運びはなるべくゆっくりと焦らずにする

私は、引越の業者を利用せずに引越をするとき、必ず心がけていることがあります。それは何かと言うと、荷物運びをするときはゆっくりと焦らずにするということです。
引越の業者を利用せずに引越をするということは、それだけ引越の業者に比べれば当然手際や効率というのが落ち、その作業スピードは遅くなるのが普通です。しかし、私はだからと言って、急いで引越の作業をする必要はないと思っています。
私としては、引越に時間がかかってしまう痛手よりも、引越の荷物を落としてしまったり、急ぐあまり不注意からケガをしてしまったり、荷物をうっかり運び忘れてしまったりなどする方がはるかに痛手です。
ですので、そうならないように、引越しの荷物運びはなるべくゆっくりと焦らずにするようにいつも心がけています。

▽引越し情報
引越し情報のまとめ~費用の相場から業者まで~